テニス 平行 陣 ポジション

ポジション

Add: orowy78 - Date: 2020-12-16 19:34:38 - Views: 494 - Clicks: 2452

テニス 平行 陣 ポジション テニスダブルス戦術:平行陣vs雁行陣、雁行陣の前衛の動き 雁行陣側の後衛が打ったボールに対して、相手の返球が甘くなった時、雁行陣側の前衛はポーチしますが、その時一発で決めようとせずに、一度相手の足元に落として、ネットに詰め、浮いてきた. 。寒すぎる。 この記事では、ある程度ボレーを習得し、ダブルスで平行陣にトライしてみたいという方に向けて、平行陣の攻めと守りの基本をお伝えしていきます. ダブルスで並行陣ってよくいうけど、どういう風に決めたらいいか良く分からない。 今回は並行陣対並行陣での決め方を分かり易く説明します。. ダブルスの雁行陣の基本についてお伝えしました。 お伝えした雁行陣の特徴、メリット、デメリットを理解して、自分たちのペアが当てはまっているのかを考えてみて下さい。 雁行陣を選んだからといって常にその陣形で戦えるわけではありませんが、どのようなポジションをとって、どこへボールを送り、どう動くか、どこに視線を向けるべきかを知っておくことで相手に決められるポイントが少なくなり、勝てるチャンスはこれまでより高まるはずです。 練習時に、ポジショニングや動き方のポイントを意識しながら取り入れていってみてください。 1. 平行陣をロブで崩す 前回は平行陣の相手に対する基本的な戦術・戦略についてお話しました。 今回は、ロブを使って相手のポジションを崩す戦術です。 平行陣編2 ロブに対する対処法をご覧になっていない方は先にご覧ください。. 言葉だけではわかりにくい部分も多々あるので、ここからはプロテニスプレーヤーの試合動画をお手本に解説しようと思います。(以下の動画像は全てYoutubeから引用しています。) 今回解説する試合は、年ロンドンオリンピック男子ダブルス決勝のボブ・ブライアン/マイク・ブライアン組対ジョー・ウィルフリード・ツォンガ/ミカエル・ロドラ組の1stセット(~50分)です。 ダブルスといえばこの2人と言っても良いブライアン兄弟(世界ランキング1位)と強豪フランスのジョー・ウィルフリード・ツォンガ/ミカエル・ロドラ組の対決です。(この時代は、年までブライアン兄弟はダブルス1位をキープし、敵なしと言っても過言ではありませんでした。) 息の合ったコンビネーションと堅実なネットプレーが持ち味のブライアン兄弟対強烈なサーブ・ストローク・ネットプレーが持ち味のフランスペアの見ごたえがある試合です。 ダブルスの質で言えばブライアン兄弟、個々のショットでいえばフランスペアが上回っています。 まずは取り上げているプレーの動画を1度みて、そのあとに解説を読むとわかりやすいと思います。.

並行陣を取った場合、どこを見て、どこへボールを打ったら良いかについて説明していきます。 雁行陣が相手の場合で、考えてみましょう。 相手は、攻めてきている並行陣に対して引いているポジションを取っています。 とはいえ、Dのプレイヤーに簡単にボールを打たせてしまっては相手のチャンスになってしまいますので、基本的に送球コースは、Cのプレイヤーのサイドに展開を作っていくのをメインにします。 テニス 平行 陣 ポジション 基本の展開は、下がっているプレイヤーを崩しながら作っていくので、視線は下がっているプレイヤーを見るようにします。 下がっているプレイヤーを見るのが基本 もちろん、A,Bのペアにチャンスが来て詰めているDに打ち込んでいくという場合は、A,Bは体の向きを変えて視線も変えていく必要があります。 打った方向に体と視線を向ける 画像 Instagram 特に、並行陣は時間のない状況でのプレーになってくるので、正しいところをしっかり見ておかないと、正しい反応や判断ができなくなってしまいます。必ず見る場所を間違えないようにしてプレーするようにしましょう。 ポジション、動き方、視線、送球コースについては、こちらの動画をどうぞ. 布団に入っているのに手がかじかむとはどういうことか. 平行陣でボレー中心でいきたいなら、ベースラインより前でスライスでアプローチして、すぐ前に出られるようにするというのもありです! ポジションの基本と、そのメリット・デメリットについてまで、詳しく説明してくれているサイトを見つけました!. 2人ともボレーをすることができれば全体的な攻撃力が上がります。 2人が横並びになる陣形を平行陣といいます。 2人とも前の前平行陣(2upともいいます)。 2人とも後ろの後ろ平行陣(2downともいいます)。. 実際の試合になった場合に 相手が平行陣の場合の対策は どうしたらいいか見ていきましょう。. 逆に弱点はボレーの高度な技術と瞬発力がないと相手との距離が非常に近いのでボレーミスに繋がり易いという弱点があります。 テニス平行陣対策. 平行陣をやるに当たって注意して欲しいことです。 これをしっかり理解してやらないと、平行陣の強さがわかりにくくなります。 焦らない. テニスのダブルスで基本陣形でもある「雁行陣」の意味や役割といった基本知識や意外と知らない動き方・基本ポジションについて、現役のテニスコーチが徹底的に解説します。ーこんな方におすすめの記事ー 雁行陣の基本知識が知りたい 雁行陣を覚えたての初級.

テニスのダブルスで主流の陣形でもある「並行陣」の意味や役割といった基本知識や意外と知らない動き方・基本ポジションについて、現役のテニスコーチが徹底的に解説します。ーこんな方におすすめの記事ー 並行陣の基本知識が知りたい 並行陣を覚えたての中. 【テニス】ダブルスの戦術(平行陣)_303_アプローチで出た後のポジション 前の記事 【テニス】ダブルスの戦術(平行陣)_309_リターンダッシュでネットに詰める. この記事ではテニスのダブルス、特に平行陣の前ポト、短いボレーに対するアプローチショットのコツをお伝えしたいと思います。 アプローチにおいて大事なポイントは、マインド、身体の使い方、戦略の3つです。. 【 Laoleショップページ shop/ 】前回のボレー講座の延長?で平行陣をテーマに撮影しました!平行陣VS雁行陣の時に僕が意識して.

次に、雁行陣の送球コース、動き方について説明します。 テニス 平行 陣 ポジション ■送球コース (後衛の場合) 前衛が攻撃、後衛が守りと説明しましたが、後衛の狙うべきコースはどこでしょうか? 後衛は、相手の前衛に取られないように配球するのが大前提です。 後衛は、相手コートのクロスが空いているので、そこを中心に打っていきます。 ストレートもありですが、安易にストレートへ打っていくと相手のボレーヤーにつかまって相手の攻撃をうけてしまうというところがデメリットになってしまいます。 デメリット ストレートに打つことで逆襲されてしまう ストレートへ打っても良いのですが、リスクがあることを理解してプレーをしなければなりません。 ストレートは、相手前衛につかまりやすい (前衛の場合) ネット近くの前衛は、ボールを打つチャンスが来た時に、どこを狙いますか? 前衛が打つ時は、相手コートの真ん中へ送球します。 相手コートの空いている場所は、相手コートの「中心(センター)」です。 センターは、相手の前衛から遠いところを通って、相手の後衛に対してボールが逃げていくような軌道でボールを打つことができますので、ボレーヤーはまずはセンターを狙うのがセオリーです。 前衛は「センターセオリー」 「ワイド」を狙うというのもありますが、ワイドを狙ってしまうと、サイドラインが近いのでサイドアウトのミスをしてしまうという危険性があります。 (ワイドへいきなり打つのは注意!) 前衛が攻撃をするチャンスでミスをしてしまうと、自分たちが点を取るせっかくのチャンスをつぶしてしまいますので、確実に点を取れる安全なコースを狙っていく必要があります。 相手のストローカーがセンターのカバーに入ったのが見えて、ワイドが空いたところに打つというのならOKです。 けれども、特にオープンコートがないのにいきなりワイドへ打ってしまうと、狭いところ、相手の取りやすいところ、サイドアウトしやすいところへいきなり狙ってしまうことになり、ミスが増えてしまいますので気をつけてください。 ■動き方 (前衛の場合① シチュエーションに応じて) 後ろにいるプレイヤーは、ある程度の時間の余裕がありますが、前衛は相手のプレイヤーの近くに立って相手に対して攻撃をしていく役割があるため、逆に自分が時間のない状況で狙われてしまうこともあります。 常に攻撃をしていけるわけではないこ. ダブルスの並行陣の基本についてお伝えしました。 並行陣の特徴のメリット、デメリットを理解し、状況に応じた陣形を取って、2人でコートをカバーし合えるような動き方をしていきましょう。 雁行陣よりも、ペアと同じ認識でいることが重要となってきます。 ペアとポジションや送球コース、視線の向け方が互いに同じ考えであることで、ダブルスとしてスムーズに機能してくるはずです。 守りだけでなく、攻撃のチャンスも生まれてきやすくなりますので、並行陣の基本を身につけてダブルスゲームに挑戦してみてください。 1. まず、本題に入るまえにテニスのルールやコートの形・ネットの高さなどの事実から導きだされる、普遍的なセオリーについて考えてみましょう。 なぜなら、セオリーを無視した戦術では1ポイントや1ゲームを取れたとしても、1試合や1トーナメントを勝ち切ることは難しいからです。 どうしても試合になるとセオリーよりも自分の得意なショットや相手の苦手なショットに頼りがち(それだけで勝てる相手ならそれでも構いません!)ですが、それによって自分がセオリーから外れたプレーをしていると、どこかで無理が生じて気付いたら形勢を逆転されているというパターンは多々あります。 きちんとテニスのセオリーを理解し、常に自分のプレーがセオリーから外れないもしくは外れるとしたら意図的に外すように、俯瞰的な視点を持っておきましょう。 まず、考えて欲しいのは「テニスはどうやったら勝てるスポーツなのか?」という問いです。 指導しているジュニア選手に意見を聞くと「相手が取れないところにボールを打つ」、「相手よりも1球多くボールを返す」、「相手の弱点を突く」などなど様々な意見が返ってきます。 確かにどれも正解ですが、テニスというスポーツの本質には辿り着いていません。 テニスは、(1セットマッチであれば)相手が4ポイント取るまえに自分が4ポイント取ることを6回繰り返せば勝てるスポーツです。(厳密にいえばデュース等もありますがここでは割愛します。) ここからわかることはまず相手にポイントを取られない=「負けないテニス」をすることが重要で、その次にポイントを取る=「勝つテニス」をすることが重要だということです。 では、次に負けないテニス・勝つテニスとはどのようなテニスなのかを考えていきましょう。 負けないテニス=ポイントを取られないテニスとは、 (1)自分がミスをしない(Forced・Unforced問わず) (2)相手にエースを取られない ようなプレーをすることです。 勝つテニス=ポイントを取るテニスとは、 (3)相手にミスをさせる (4)自分がエースを取る ようなプレーをすることです。 優先順位としては、負けないテニス>勝つテニスであり、ミス>エース(一般的に試合ではミスによるポイントの方がエースよりも多くなるから)となります。 つまり、(1)自分がミスをしない(Forced・Unforced問わず)、(2)相手にエ. 雁行陣は安定感のある陣形ですが、唯一の弱点が後衛の前のポジション。そこをしっかりケアする実戦的な練習メニュー. .

今回は、テニスの試合におけるダブルスの戦術について詳しく解説しました。 戦術というのは試合に勝つための手段です。 当たり前ですが、テニスのセオリーに則っていない戦い方は、優れた戦術とは言えません。 ダブルスは、サーブやリターンの順序・動き方、タイブレークなどルールが複雑で初心者は理解するまで大変だと思いますが、やり方さえきちんと覚えれば年齢・性別問わず楽しめるゲームです。 イベントでジュニア・一般・シニア、男子・女子問わず混合ダブルスをしたことがありますが、ジュニアははやいボール・展開を武器に、シニアは経験から来る戦術を武器に戦うので、おもしろい試合になりました。 ぜひ戦術的なダブルスを展開できるように、頭脳と技術を鍛えましょう。 もし、あなたが本気で「上手くなりたい!」、「勝ちたい!」と思うなら、僕は全力で応援します!. テニスダブルスポジショニングについて平行陣vs雁行陣で平行陣のプレーヤーと雁行陣のボレーヤーがボレーで打ち合っているとします。雁行陣の後衛はどこに立っているのがベストなの でしょうか?ボレーヤーの後ろは空いている後衛が守る前もガラ空きサービスライン辺りのセンターで待つ. 【テニス】平行陣のポジションを視点を変えて!!是非参考にしてください! 説明文: ヨッシーテニスチャンネルをご覧いただきありがとうございます。今回はリクエストにもありました、平行神野違う視点を動画にしました。. 硬式テニス、雁行陣でのポジションで悩んでます。 私が雁行陣前衛、相手が詰めてきて並行陣。 そんな時、前衛なのに少し下がりぎみになり、サービスラインくらいから前に詰めれなくなるのですが、そんな時も踏ん張ってネットとサービスラインの中間くらいで攻撃のチャンスを狙ったほう. ミニ雁行陣 2人ともネットに詰めてはいるけれども、小さい雁行陣を作るように、やや前に詰めているプレイヤーとやや下がっているプレイヤーが斜めになるように立ちます。 1. 上下をつけずに横並び 2人が横並びになります。 この2つの陣形をどう使うかは、それぞれのプレイヤーの技量、体力、運動能力によって判断して使っていきます。 それぞれのパターンについて説明していきます。 並行陣(ミニ雁行陣) この形の並行陣は、やや前にいるプレイヤーがより攻撃的な役割です。 パートナーが攻撃的に前に詰めていると相手からの深いロブを追うというのは難しくなりますので、やや下がっているプレイヤーは、もちろん攻撃も仕掛けていきますが、攻めながらも後ろ側をケアする役割となります。 ミニ雁行陣の動き方 イメージとしては、やや詰めているプレイヤーが相手に近いところで相手のストロークに対してプレッシャーをかけにいけるような体勢をとっておいて、後ろのプレイヤーは引いて守っておくといった形です。 前のプレイヤーはプレッシャーをかける役割 画像 Instagram この陣形は、ペアがゾーンで分けてコートをカバーしあうと考えてください。(下図参照) コートに斜めの線(図の赤線)を書いて、2人のプレイヤーが半分ずつカバーし合います。 前のプレイヤーBが前のゾーン。後ろのプレイヤーAがロブも含めて後ろのゾーンを守るようにします。 ミニ雁行陣はそれぞれのゾーンを守る 横並び ペアの2人が真横に並ぶ陣形です。 こちらは、ミニ雁行陣が斜めの線で区切ったゾーンを守るのと違って、それぞれが自分の立っているサイドを守ります。 こうした動きを「縦守り(たてまもり)」や「縦割り(たてわり)」という言い方をします。 自分の立っている側に来る前のボレーも、深いロブに対してのケアもしっかりできるというようなある程度の運動能力や技量が必要になってくる陣形です。 2人でそれぞれが立っているサイドを守る この横並びの陣形は、ゲームの展開によって常にキープできるわけではありませんので、臨機応変に対処する必要があります。 ◎陣形が崩された時の動き方 相手は、並行陣を崩そうとするボールを打ってきますので、そうした. ソフトテニスって奥が深いですね。 平行陣、雁行陣(がんこうじん)、ダブル前衛やダブル後衛。 それぞれの陣形はどのような特徴で、ソフトテニスの場合どれが強いのか気になったことはありませんか。. See full list on tennisbu.

平行陣は2人とも前衛となり、ボレーのみで試合を組み立てていく陣形です。 2人とも前衛のポジションなのでとても攻撃的で、ラリーをあまりせず早いタイミングでポイントに繋げることができます。. 雁行陣を基本とするペアであっても チャンスの際には後衛が上がって平行陣 の形を取り攻撃するのも良いでしょう。 また、平行陣で頭上を抜かれた際などには立て直しを図るため一旦、雁行陣の形を取るなど臨機応変に陣形を変えることが出来る様になる. See full list on tennis-gakko.

平行陣の後衛。サービスライン付近からのつなぐ、守りのボレー。 <決めるボレー> フラットボレー。雁行陣の前衛。ネット近くからの決める、攻めのボレー。 おばテニス界に10年近くいて、ボレーに、この2種類あることにようやく気がつきました!. ダブルスでは平行陣が有利と言われていますがポジショニングがわからず、なかなかポイントに繋がらない人もいると思います。 パートナーとの位置関係が非常に大切ですのでペアの人と情報を共有していただき勝ちにいき. . 服部緑地コート 13番→17番 グリーンサンド(大阪府)でテニスする仲間を募集してます。勝者の習慣(R)Workshop 平行陣ポジション編です。 レベルにかかわらず ダブルスをプレーする方ならどなたでも参加いただけます。 勝者の習慣(R)のダブルス編は ①前衛. では、このようなセオリーに基づいて、どのような戦い方をすれば良いのかを考えてみましょう。 まずは、「負けないテニス」をしなくてはいけません。 つまり、自分がアンフォーストエラー(凡ミス)をしない、自分がフォーストエラー(させられたミス)をしない、エースを取られないようなプレーが重要になります。 あなたはどんなときにミスをしたり、エースを取られたりするでしょうか? まず、アンフォーストエラーをしにくくするプレーについて考えてみましょう。そのためには、アウトやネットをしにくい配球について考える必要があります。 次に、フォーストエラーやエースを取られにくくするプレーについて考えてみましょう。そのためには、動く距離と時間について考える必要があります。 長い距離を走らされたり、準備する時間を失ったりすれば、自分がミスする確率も相手がエースを取る確率も高くなるでしょう。 では、続けて「勝つテニス」について考えていきましょう。 テニス 平行 陣 ポジション つまり、相手にミスをさせる、自分がエースを取るようなプレーが重要になります。 相手にミスをさせる、自分がエースを取るためには、長い距離を走らせたり、準備する時間を奪ったりする必要があります。 では、これまでの「負けないテニス」と「勝つテニス」の議論をまとめて、ダブルスの戦術のセオリーをいくつかの陣形について導き出しましょう。 戦術を考える上で大切なのは、「負けないテニス」をベースに「勝つテニス」を展開することです。 ここでは、雁行陣対雁行陣(前衛1後衛1対前衛1後衛1)、雁行陣対平行陣(前衛1後衛1対前衛2)、平行陣対雁行陣(前衛2対前衛1後衛1)の3パターンについて戦術を考えてみましょう。. テニスのダブルスでペアのうち1人が前衛で1人が後衛という形の「雁行陣」と、2人が横に並行に並んで戦う陣形の「並行陣」が一般的です。 コート1面を2人で守ってカバーしあい、相手へプレッシャーをかけて攻めていくために生まれたのが陣形(フォーメーション)です。自分たちのペアがどのような目的で、その陣形を取るかを考えてプレーするようになるだけでも勝利の確率がアップします。 ダブルスの陣形は、2人を生かす陣形で ダブルスの他の陣形については、こちらをどうぞ ダブルスの基本的な陣形の雁行陣は、下の画像のような立ち位置(ポジション)を各プレイヤーが取ります。 雁行陣のポジション この雁行陣は、どのようなプレイヤーが取っているのでしょうか? ・テニスを始めてまもない初心者や初級者レベルの方 ・上級者(ベースラインからも打ち込める力がある)レベルの方 上の2つのレベルの人たちが雁行陣を取っているのを多く見受けます。 なぜ、その方たちが雁行陣を取っているかの理由を、雁行陣の特徴やメリット、デメリットを解説するなかでお伝えしていきます。 メリット 攻守の分担が明確 雁行陣は、ペアの2人の攻守の役割分担が明確です。 メリット①攻守の役割がはっきり 後衛はベースライン付近に、前衛はネット近くにいる形です。ペアの下がっている人(後衛)が「守り」、上がっている人(前衛)が「攻撃」です。 自分のやらなければいけない役割をしっかり頭に思い描きやすく、それを実行しやすいというのがメリットです。 自分たちの時間を確保しやすい 雁行陣の場合、ベースラインに下がっているプレイヤーは、相手から遠いところにポジションを取っています。 そのため、時間的な余裕ができて自分たちの時間を確保しやすいとうのがメリットの2つめです。 メリット②自分たちの時間を確保しやすい それに対して、並行陣のサービスライン辺りにポジションを取った場合は、相手に近づくことで相手に対する時間を奪うプレーができるのですが、反面自分たちの時間もないので素早い反応や素早い動きが必要です。 ある程度のテニスの経験や技術の習得がなされていないと並行陣を取るのは難しいので、初心者や初級クラスの人は下がって雁行陣を取っておくほうがプレーしやすいというのが雁行陣を取る理由になっています。 下の画像では、上側の黒いウエアのペアが雁行陣を取っています。.

テニスのダブルスにおける並行陣でポイントを取る戦術パターン では、具体的な戦術パターンについて解説していきましょう。 ダブルスでは、「どのような戦術を使って、どのようにフィニッシュするのか」を毎ポイントペアと共有する必要があります。. テニス 並行陣での決め方. サーブ&ボレーなどで前に出て二人がボレーポジションにつき平行陣になったとします。 このときには平行陣とはいうものの二人の位置関係には前衛と後衛があります。. テニス 平行 陣 ポジション テニスダブルス戦術:平行陣vs平行陣でのポイントの取り方 よくあるパターンです。 テニス 平行 陣 ポジション ボレー合戦の末、どちらかがミスをして勝負がつく、ということが多いようです。. 平行陣は、 サーブ&ボレーやアプローチで後衛が前進 し、サービスラインの一歩前あたりに ポジションを取ります。同時に、前衛も、サービスラインとネットと真ん中かやや前付近に 移動します。これが平行陣の基本ポジションです。. 平行陣とは、ペアが横に1列に並んでネットと平行なポジションを取ることからそう呼ばれています。 一般的には、2人ともネットのそば、つまり2人とも前に上がった状態でプレーします。.

ここまで抽象的なテニスのセオリーとダブルスの戦術論を解説してきました。 ここからはより具体的にいくつかのシチュエーションを挙げて、それぞれについて戦い方を考えていきましょう。 ※質問等があり次第、随時更新します。 〇 ゲームの種類 テニスの試合には、自分がサーブからはじまるサービスゲームとリターンからはじまるリターンゲームがあります。 基本的には、お互いにサービスゲームをキープし、リターンゲームで数少ないチャンスを生かしてブレイクするという形になります。 それぞれの特徴を理解して、戦い方を考えることが重要です。. 10.ストレートラリーのときの前衛のポジション 11.後ろ平行陣のポジション 12.ストレートアタック. テニスダブルス並行陣編の戦術18パターン 1.平行陣のボレーポジションの基本 2.平行陣におけるロブに対する対処法. 次に、並行陣の送球コース、動き方について説明します。 並行陣は2パターン 並行陣の陣形には、大きく分けて2パターンがあります。 1. ポジションを入れ替えるときの注意点は、ボールを返球するコースです。相手の前衛のいない方向に深く返球し、そして最高のポジションへとすばやく移動してください。 6.相手も平行陣だったら・・・ これまでは。. ダブルスの並行陣は、下の画像のようにネット近くに2人のプレイヤーが並ぶような立ち位置(ポジション)を取ります。 並行陣のポジション 並行陣はどのようなプレイヤーが取っているのでしょうか? ・中級位のレベルの方 ・ストローク力がそれほどない人でネットプレーのできる方 上の2つのタイプの人たちが並行陣を取って、相手にプレッシャーをかけるようにしていることが多いと思います。 その人たちが並行陣を取っている理由を並行陣の特徴やメリット、デメリットを解説するなかでお伝えしていきます。 相手の時間を奪うことができる 並行陣のポジションは、相手コート(プレイヤー)の近くに2人がいます。 ベースラインからボールを打ち込むよりも、すぐに相手のコートへボールを返すことができるので相手の時間を奪いやすくなります。 メリット1 相手の時間を奪う また、相手からすると、自分の打ったボールが浮いてしまいネットよりも高い打点、顔や頭の高さで打てるような球を打ってしまうと不利になるので、浮かさないよう慎重に打たなければいけなくなります。 相手が少しでも甘いボールを打ったら、並行陣のチャンス。 相手の時間を奪ったり、チャンスを作りやすいのが並行陣のメリットです。 並行陣を取ることが多いダブルスの名手ブライアン兄弟 画像 Instagram 守ることが難しい 前にいる分、逆に相手から来るボールもすぐに受けなければいけないので、自分の時間も少ないことがデメリットとなります。 相手から速く来るボールに対しては、そうしたシチュエーションに対しての経験がある程度あり、速い反応、素早い動きで対応できないと並行陣でプレーするのは難しくなります。 ■甘い球を打てない また、ボレーに対しての自信がないと、ボレーも返すだけの球となり相手のチャンスになってしまいます。その球を打たれると自分たちの時間が少ないので返すことが難しくなります。 デメリット1 相手に甘い球を打てない ■ストローク力のある相手に対抗することが難しい ベースラインから打ち抜けるストローク力のある相手からのボールは威力があります。 そのボールを相手の近くで受けるのは、それなりの技量が必要なので、前で守るのは難しくなります。 メリット2 ストローク力のある相手は守りにくい (初心者、初級者の場合) 初心者、初級者は、まだネットプレーに自信がないとい.

テニス 平行 陣 ポジション

email: [email protected] - phone:(383) 996-6421 x 2762

民主党 復活 -

-> 山田 貴文
-> 塚本 英 巨

テニス 平行 陣 ポジション -


Sitemap 5

鋼鉄 要塞 シュトラー ル - Side pack from